リサイクルマーク(統一美化マーク)とは

リサイクルマーク(統一美化マーク)は「ポイ捨て防止マーク」とも呼ばれ、飲料容器の散乱防止、リサイクルの促進を目的に制定された統一美化マークです。

リサイクルマークは私たちが製品を見てリサイクルできるかどうか判別できるようにつけられたマークです。

統一美化マークとリサイクルマーク

商品にはいろいろなマークがありますのでマークの意味を理解して、分別にご協力お願いいたします。家庭で参考になるマークの種類や意味などを調べてみましたので参考にしてください。
統一美化マーク

統一美化マーク

飲料容器の散乱防止、リサイクルの促進を目的に制定されたマーク。

ごみ箱に空き缶を投げ入れるデザインで、「のんだあとはリサイクル」と標語が入っており、「リサイクルマーク」、「ポイ捨て防止マーク」とも呼ばれています。

ビンや缶などに入った清涼飲料水が大量に出はじめた頃に、空き缶を道路わきに投げ捨てる「ポイ捨て」などが起きたため、1970年代に清涼飲料メーカーなどが街の美観を守るため、「統一美化マーク」を自動販売機や缶やびんなどに付けました。
スポンサード リンク

Copyright (C) リサイクルマークン All Rights Reserved.