一般廃棄物について

一般廃棄物一般廃棄物や各種リサイクル法関連について調べてみました。資源には限りがあります。

 

私たちは大量に物を作り、消費し、いらなくなったら捨てるということを行ってきました。
普段何気なく捨てているごみは、私たちにとって身近なごみ問題。家庭のごみは燃やしたり砕いた後埋め立てられますが、どこの埋立地も限界寸前です。

 

一般廃棄物

 

さらに、私たちが使っているものは、多くを海外からの原材料に頼っており、使えるものはごみとせず資源として大事にリサイクルすることが必要とされています。

 

私たち一人ひとりの問題として大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直すことが必要なのです。

 

 

これからの循環型社会のためにも、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。

 

一般廃棄物

 

一般廃棄物(いっぱんはいきぶつ)とは
日常生活に伴って排出されるゴミのことです。ゴミは、廃棄物処理法という法律によって「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分けられています。

 

一般廃棄物は「家庭系一般廃棄物」と「事業系一般廃棄物」があり、生ゴミ、紙くず、空き缶やペットボトルなどわたしたちの家庭から出るゴミは「家庭系一般廃棄物」です。

 

商店、事業所、工場、事務所からなどから排出される紙くず、段ボール、飲食店からの残飯、小売店からの野菜くずなどは「事業系一般廃棄物」です。
市町村が収集・処理・処分の責任を負います。


 

 

 

私たちの身近なごみ問題

捨ててしまえばごみとなりますが、分別し回収して再商品化できるものもあります。
飲み終わった空き缶やペットボトルなどはどのようにリサイクルされるのでしょうか。

資源のとぼしいわが国にとって、これからの循環型社会のためにも、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。

 

私たちが使っているものの多くを海外からの原材料に頼っており、使えるものはごみとせず資源として大事にリサイクルすることが必要とされています。

 

私たち一人ひとりの問題として大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直すことが必要なのです。

 

ごみ分別とごみの出し方のページで地域別に調べられるようにリンク集にしておりますのでご利用ください。
【リサイクルマークン】

 

リサイクルマークを理解する

リサイクルを推進するためにもリサイクルマークの意味を理解することが大切になってきました。
リサイクルマークは私たちが製品を見てリサイクルできるかどうか判別できるようにつけられたマークです。

 

環境とリサイクルをテーマに環境用語やリサイクル用語を調べ環境やリサイクルに役立つページ作りを心がけていきます。

 

リサイクルマークの種類一覧

リサイクルマークには様々な種類がありますが、リサイクルマークは私たちが製品を見てリサイクルできるかどうか判別できるようにつけられたマークで識別表示マークと言われています。

 

リサイクルマークと環境ラベルの一覧

 

資源のとぼしいわが国にとって、これからの循環型社会のためにも、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。

 

商品にはいろいろなマークがありますのでマークの意味を理解して、分別にご協力お願いいたします。家庭で参考になるマークの種類や意味などを調べてみましたので参考にしてください。

 

識別表示マーク
  • スチール缶

    スチール缶識別表示マーク

    スチール缶リサイクルマークは分別回収を促進するためのマーク
  • アルミ缶

    アルミ缶識別表示マーク

    資源有効利用促進法によって1991年10月より表示が義務付けられています。

  • PETマーク

    ペットボトル識別表示マーク

    PETボトル識別表示マークは資源有効利用促進法によって、1991年10月より表示が義務付けられています。

  • 紙マーク

    紙製容器包装識別表示マーク

    紙製容器包装の表示
    紙製容器包装識別マークの表示は、紙が総重量の50%以上を占める紙製容器包装につけます。

  • 段ボールマーク

    ダンボール製容器包装識別表示マーク

    ダンボール製容器包装の表示
    段ボールがリサイクル可能であることを示す。世界共通のシンボルマーク。

 

 

 

ボトルキャップイラストペットボトルのキャップが役に立つ
世界の子供たちの明るい未来を作りましょう。
キャップは約430個で10円になります。

 

環境とリサイクル

持続可能な社会を私たちの手で

風力発電

eco検定(環境社会検定試験)
2006年度から始まった検定試験で、東京商工会議所が主催しています。
環境問題に関心を持って、チャレンジしてください。

  • パソコンリサイクル
  • 冷蔵庫処分するには?
  • 生ゴミをリサイクルしてCO2削減!
  •  

     

    リサイクルマークと環境のHOMEへ > スチール缶マークTOPへ

     

     

    リサイクルマークと環境の
    リサイクルマークンロゴ

    スポンサード リンク