山口市ごみ分別とリサイクルマーク

山口市ごみ分別やごみの出し方について調べてみました。

山口市がインターネットというメディアを利用し市民の皆様へごみ分別に関する情報提供をしています。
容器包装リサイクル法の施行後、どのような分別方法を採用したか、指定袋・シールなど有料化への取り組み、資源ごみの回収状況など、山口市のごみ分別・リサイクルの取り組みが分かる内容になっています。

山口市ごみ分別主な内容の紹介
ごみ・リサイクル
ごみ資源収集カレンダー(大殿・白石・湯田・仁保・小鯖・大内・宮野・吉敷・平川地区)
ごみ資源収集カレンダー(大歳・陶・鋳銭司・名田島・秋穂二島・嘉川・佐山地区)
ごみ処理手数料(持ち込み)について(一般家庭から排出されたもの)

ごみ・資源物の出し方について
家電リサイクル対象品目の処分について
 平成13年4月1日から、家電リサイクル法が施行され、製造業者等に家電リサイクル対象品目のリサイクルが義務づけられました。

粗大ごみ戸別収集の申込みについて
燃やせるごみ指定収集袋について
 生ごみ、草類などの燃やせるごみは、燃やせるごみ指定収集袋に入れて出してください。

(※山口市ゴミ分別関連ページより引用紹介させていただきました)

私たち一人ひとりのゴミ問題として大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直す動きが高まっています。事業ごみの処理、家庭ごみの処分やゴミの出し方を理解して住みよい街を目指してリサイクルしましょう。

スポンサード リンク


私たちが使っているものの多くを海外からの原材料に頼っており、使えるものはごみとせず資源として大事にリサイクルすることが必要とされています。私たち一人ひとりの問題として大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直すことが必要なのです。
このページから、リンクされた山口市のホームページへアクセスし、ごみ分別に関する情報を閲覧することもできます。
山口市ごみ分別について

■詳しくは… 山口市ホームページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル [ごみの出し方]の一覧のページをご覧ください。

リサイクルマーク(識別表示マーク)

リサイクルマークは私たちが製品を見てリサイクルできるかどうか判別できるようにつけられたマークです。商品にはいろいろなマークがありますのでマークの意味を理解して、分別にご協力お願いいたします。家庭で参考になるマークの種類や意味などを調べてみましたので参考にしてください。
識別表示マークと意味
スチール缶
スチール缶識別表示マーク
スチール缶リサイクルマークは分別回収を促進するためのマーク

アルミ缶
アルミ缶識別表示マーク
資源有効利用促進法によって1991年10月より表示が義務付けられています。
ペットボトル識別表示マーク
PETボトル識別表示マークは資源有効利用促進法によって、1991年10月より表示が義務付けられています。

ペット樹脂を使用した石油製品
ペット材質リサイクルマーク2ペット材質7otherリサイクルマーク
プラスチック容器包装識別表示マーク
プラスチック製容器包装識別表示マーク

プラスチック製容器包装
紙製容器包装識別表示マーク
紙製容器包装の表示

紙製容器包装識別マークの表示は、紙が総重量の50%以上を占める紙製容器包装につけます。
紙パックリサイクルマーク
紙パック
ダンボール製容器包装識別表示マーク
ダンボール製容器包装
の表示
段ボールがリサイクル可能であることを示す。世界共通のシンボルマーク。
PCリサイクルマーク
PCリサイクルマーク

スポンサード リンク

Copyright (C) リサイクルマークン All Rights Reserved.