リデュースとは

リデュースについて

リデュースについて
リデュースやゴミを出さないリデュースな暮らし方をしていかなければなりません。生活の中から出る廃棄物の多くは、有効な資源として再利用できます。私たちが使っているものは、多くを海外からの原材料に頼っており、使えるものはごみとせず資源として大事にリサイクルすることが必要とされています。私たち一人ひとりの問題として大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直すことが必要になってきました。

スポンサード リンク

リデュース
Reduce

レジ袋を断り、
マイバッグを持つ。
リユース
Reuse

リターナブル容器や
詰め替え容器を使う。
リサイクル
Recycle

ゴミの分別を行って
再商品化に協力しよう。

リデュース

環境問題の基本であるゴミの減量。
ごみを減らすための第一歩は、ごみになる物を増やさないことです。


【参考】

    グリーンコンシューマー10原則
  1. 必要なものを必要な量だけ買う
  2. 使い捨て商品ではなく、長く使えるものを選ぶ
  3. 包装はないものを最優先し、次に最小限のもの、容器は再使用できるものを選ぶ
  4. 作るとき、使うとき、捨てるとき、資源とエネルギー消費の少ないものを選ぶ
  5. 化学物質による環境汚染と健康への影響の少ないものを選ぶ
  6. 自然と生物多様性をそこなわないものを選ぶ
  7. 近くで生産・製造されたものを選ぶ
  8. 作る人に公正な分配が保障されるものを選ぶ
  9. リサイクルされたもの、リサイクルシステムのあるものを選ぶ
  10. 環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選ぶ
『グリーンコンシューマーになる買い物ガイド』(小学館)より

スポンサード リンク


リサイクルマークの種類一覧

リサイクルマークには様々な種類がありますが、リサイクルマークは私たちが製品を見てリサイクルできるかどうか判別できるようにつけられたマークで、識別表示マークと言われています。

リサイクルマークと環境ラベルの一覧
資源のとぼしいわが国にとって、これからの循環型社会のためにも、きちんとしたリサイクル・再資源化をして、地球の資源および地球の環境を守っていかなければなりません。

OK!女性イラスト

参考になるリサイクルマークの種類

商品にはいろいろなマークがありますのでマークの意味を理解して、分別にご協力お願いいたします。家庭で参考になるマークの種類や意味などを調べてみましたので参考にしてください。
プラマーク

アルミ缶 スチール缶

プラマーク

アルミ缶マーク

スチール缶マーク

ペットボトル 紙リサイクルマーク ダンボール

PETマーク

紙リサイクルマーク

ダンボールリサイクルマーク

紙パック パソコンリサイクル 携帯リサイクル

紙パックリサイクルマーク

パソコンリサイクルマーク

携帯リサイクルマーク



環境とリサイクル

持続可能な社会を私たちの手で

風力発電

eco検定(環境社会検定試験)
2006年度から始まった検定試験で、東京商工会議所が主催しています。
環境問題に関心を持って、チャレンジしてください。


リサイクルマークと環境の
リサイクルマークンロゴ
リサイクルマークと環境のHOMEへ
スポンサード リンク
page top